まさよの政策

●まさよの政治姿勢

松下まさよは市民目線の政治家です。政治は声の大きいひと、力の強いひと、お金を持っているひとのためだけのものではありません。地域で困っているひと、助けを求めているひと、地域の課題解決に一歩踏み出したいひとの声なき声に耳を傾け、 あなたの視点で、あなたとともに政治を変えていきます!

①活動報告チラシ、SNSなどの情報発信を一層すすめ、わかりやすい政治活動をします
②あなたの声を政策に反映するため、あらゆるひとの声なき声に耳を傾けます

●まさよの政策

①「住みたい街ナンバーワン朝霞」へ
 市内の近くの顔と名前が見える個人商店で消費するひとを増やし、ひとの流れを 創ることによる「力強い商業都市」と、ゲリラ豪雨への対応や住宅密集地区での 防火対策、大規模災害に備える強いまちづくりなどの「安心で快適なまち」を調和 させ、みんなの笑顔があふれる「住みたい街ナンバーワン」朝霞を実現します。

②「ダイバーシティ都市埼玉」へ
 子どもを安心して産み、育てることのできる環境をつくるため、ひとのつながりを これまで以上に促進させるひとづくり。元気なシニア世代が社会に貢献していること を実感しながら生きがいを持てる地域づくり。困っているひと、助けを求めているひとが頼ることのできる社会の仕組みづくりをすすめ、女性も男性も子どもも高齢者も 障がいのあるひとも、すべてのひとがいきいきと生活できるダイバーシティ都市埼玉を つくります。また、命の問題に真剣に向き合い、犬猫殺処分ゼロを実現します。

③「女性が輝く埼玉」へ
 埼玉県議会では女性議員は全体の1割もいない状況であり、現状、女性に対する政策は 画一的できめ細かな配慮がなされているとは思えません。ワーキングウーマン、専業主婦、シングルマザーなど様々な立場の女性の声を吸上げ、よりよい政策の実現に努力します。
 また地域の中で子ども食堂の運営や、貧困家庭のバックアップ、捨て犬や捨て猫の問題 など、社会の小さな問題の解決に頑張っている女性も多くいます。そうした活動を様々な形で支援、ネットワーク化することを県内に拡大し、すべての女性が孤立することなく、ゆるやかにつながり、その人らしい一歩を踏み出すことができる、女性が輝く埼玉を先頭に立ってつくっていきます。

 

PAGE TOP