まさよの活動報告

阪神淡路大震災から24年経ちました。

一日遅れましたが、阪神淡路大震災から24年経ちました

被災者の方たちは、全国からのボランティアによる炊き出し(おむすび)に助けられたそうです。
そのボランティアの精神を忘れないために、1月17日を「おむすびの日」と定められました。

市内のある保育園では、昨日のお昼ご飯は園児自らがおにぎりを握って食べたそうです。

子どもたちにもしっかりと伝えたい。
我が国は数々の震災を経験してきたことを。
節度やマナーを守り、力を合わせ必ず復興してきたことを

PAGE TOP